/* GPWA SEAL */

還元率の高い10BETで遊ぼう!

ブックメーカーで期待値狙いで勝つためには

グーグルスプレッドシートで期待値計算した画像。

データが少ないのだけど、ブックメーカーでベッティングして結果が出ている23戦の勝敗内訳を見ると、5勝18敗で勝率は0.217となっている。

敗北数は18なので、損失額は1ベット当たりの賭け金×18で求められ1800円の損失になる。

そして、この損失額を5勝で補おうとすると、期待値がいくら以上の時にベットすれば良いのかが分かる。

だから、1800÷5=360円となり、これ以上の期待値が出ている時に購入すれば勝っても負けてもプラスの期待値で賭けをしていることになる。

そのために余裕を持たせて、100円に対して500円以上の期待値が出ている試合にベットしていけば利益は勝手に増えて行くという現象が発生する。

例えばJリーグの場合だと、4勝12敗という予想結果が出ているので、500円以上の期待値が出ている試合に100円を賭ければ

500円×4勝=2000円

100円×12敗=-1200円

2000円-1200円=800円が利益ということになる。

他にも、2020年のプロ野球成績を見てみると、ソフトバンクホークスは73勝42敗でシーズンを終えている。

42敗しているので1ベット100円で遊んでいれば-4200円の損失は確定しているわけで、73勝でこの負けを補うには、1.6倍以上のオッズが出ている必要がある。

73×(1.6-1)×100=4380円

4380円-4200円=180円となりシーズンを通して180円の利益ということになる。

が、1シーズンで180円の利益は少なすぎるので、この数字をどうやって増やすかが課題でもある。